Webライター情報を配信していきます!

【クラウドソーシング】未経験でも大丈夫。Webライターの仕事内容から選び方まで解説!

eyecatch_blog-web-writer-work_01
なやみさん
・Webライターって未経験でもできるものなの?
・挑戦したいけど、どんな感じなのかな?
・実際にお金はどれくらい稼げるの?
スギヤマコウジ
なやみさん、その疑問がわいてしまうのは当然ですよね。
実際に僕も未経験からだったので不安がわかります。
ちょっとした解説を入れつつ、紹介していきますね!

 

Webライターと聞くと、意外と難しいと思われたり、どこで仕事をとってくるのか悩んでいる人が多いでしょう。

実際3ヶ月ほど前から始めたばかりなのですが、同じような悩みを抱くことになりました。

クラウドワークス、ランサーズ、それともTwitterで直接仕事を貰うの?

未経験でも大丈夫です。お金も最初は少ないですが、慣れてくると稼げるようになってくるので安心してくださいね。

Webライターについて、ゆっくりと解説していきます。

 

目次

Webライターのお仕事とは?未経験でも大丈夫なの?

eyecatch_blog-web-writer-work_02

「Webライターのお仕事ってなんだろう、未経験でも大丈夫?」そう思う方が多い傾向にあるようです。

Webライターのお仕事は簡単に言うと、指定された内容の文章や記事を書くことにあります。

実際に未経験の方が始めていることもあいまって、Twitterでライターと検索するとたくさんの方が検索できます。

なにか資格が必要なのでは、などの疑問についても以下に解説していくのでみていきましょう。

 

Webライターのお仕事は、指定された文章や記事を書くこと

Webライターのお仕事は、クライアント様からの指示で指定された文章や記事を書くことです。

これだけだと、どういうこと?って思う方もいますよね。

例えば、最初に僕が取り組んでみた案件は「無料の文章講座を受けてみて、その感想を書いて欲しい」というお仕事です。

 

「え、感想?感想って感想文を書くってこと?」

 

その通りで、感想を書くことで、お金が貰えるというシステムにびっくりしたものです。

ですが、Webライターのお仕事としてはクライアント様の要求する内容とやりたい内容が合致すれば成立するのが良いところでしょう。

現在は「ニートが転職するためには〜」「最新のセキュリティ対策について〜」などレベルが上がった記事の執筆をしています。

難しいのでは?と感じている方は、まず簡単な内容に飛び込むことがおすすめです。

 

Webライターは未経験者が多く、最低限の日本語が使えれば大丈夫

初めはどんなWebライターも未経験です。これは当然ですよね。

「でも、未経験でもなにか知識が必要なんじゃないの?」そう思う人が多いのもわかります。

ですが、ありがたいことにWebライティングというのは大抵の案件で構成が決まっていることが多いため未経験でも大丈夫です。

また、ライティングに関して、最初に規定を教えてくれたり詳細なマニュアルが用意されているので安心できます。

おかしなことを言ってしまいますが、「最低限の日本語が使えれば大丈夫」という感じで進むことができるのです。

作文が苦手でも、文章の流れが決められているので、「てにをは」や「です・ます」などの口調に注意できれば問題ありません。

 

未経験者は、簡単な仕事から始めよう

未経験の人はどこから始めるべきなのでしょうか。

以下に未経験の人におすすめの仕事をまとめてみました。

  • 文章の書き方講座の感想を求めている仕事
  • 期限が長く、たくさんの文字を書かなくて良い仕事
  • 未経験可としている仕事、経験が生かせる仕事
未経験者にとって最初の仕事は必ずとってもらえることが大事です。
実績のない人に難しい仕事を任せるのはクライアント側も不安ですし、未経験者も不安になってしまいます。

少しずつレベルアップできるように、簡単な仕事や経験を生かせる、上記のポイントに注意することが良いでしょう。

 

WebライターってSEOとか難しいって本当?そもそもSEOってなに?

eyecatch_blog-web-writer-work_03

Webライターとして本腰を入れて行くなら、切り離せないのがSEOというものです。

これは難しいのか簡単なのか、という問いについては奥が深いため「どこまで理解するかで簡単とも言える」が答えになります。

最低限知っておくことが必要ではありますが、すべてを知っていることは必須ではありません。

最初から必須な内容として理解しようとしてもやる気がなくなってしまうような内容です。

ここでは、未経験だったころに最低限持っていた知識と、最初はこの程度の理解でいいという感覚をお伝えしたいと思います。

 

未経験のWebライターが知っておくといいSEOの基本的な知識

SEOとはSearch Engine Optimizationと呼ばれる検索エンジン最適化と呼ばれる手法のことです。

「検索エンジン最適化ってなに?」と、未経験の頃に思いましたので、その頃に知った最低限の知識を以下に記述します。

  • 検索キーワードを見出しに入れること
  • 検索されるキーワードが適度に文章に入っていること
  • キーワードが疑問に答えるような内容とからんでいること

大まかに言うとこういうことになります。SEO対策と呼ばれるものは様々な人が検証しており正解はありません。

ですが「最適化」と書かれている通り、最適解を探すことで検索エンジンの1ページ目に表示することを目指しているのです。

この知識が強い人は重宝される傾向にあり、Webライターが常に勉強していく内容のひとつとして挙げられます。

最初は最低限の知識があれば良いので、難しい案件に挑戦しようとする決意が固まってきたら、少しずつ学んでいきましょう。

 

WebライターにとってSEOは必要ではあるが必須ではない

あなたはWebライターとして、どのジャンルを目指しているのでしょうか。

SEOは確かに必要な知識ではありますが、エッセイストを目指しているとすればSEOよりはリアリズムが大切です。

心を動かすような物語や起承転結がしっかりしていること、そちらの方がより重要視されるでしょう。

ジャンル次第で必要である、なしが大幅に変わることは容易に想像がつきます。

また、非常に専門的な内容を知っている人であれば、それだけでニッチな記事がかけるわけですから、そちらも必須ではないと言えます。

あくまでも必要か、必須かはあなたの道次第です。まず、始めなければ学んでも猫に小判になってしまうでしょう。

 

お金を貰ってSEOを学ぶ案件も存在している

不思議に思うかもしれませんが、案件の中にはお金を貰ってSEOを学ばせてくれる案件もあります。

これはクライアント様が、取り組む講座をもっと良くしたいこと、SEOを知りたいと言う未経験者のニーズが合致するからです。

また、未経験者はクライアント様にとっては今後のお客であると言えます。

そのまま次の有料講座への招待をする人もいますし、いわゆる「返報性の法則」を利用しているとも考えられるでしょう。

心理学的に、なにかを貰ったら返す。という心の動きを利用する手段でもあります。

もちろん良い教師であれば利用するのも良いですし、実績のためにこちらが利用するのも大切なことです。

 

Webライターはきついとか、儲からないって言われる理由は?

eyecatch_blog-web-writer-work_04

Webライターをする以上、お金が目的にない人はあまりいないでしょう。

よくよく検索すると、ライター家業はきつい、実際には儲からない。そういう話を聞いている、知っている人も多いと思います。

実績がないことや、専門性がないことによって、稼ぎはもちろん変わるのです。

ですが、副業として捉えればそれなりのお小遣いとも考えられますし、本腰を入れるなら、SEOを学ぶことなどが必要です。

そのなかで、儲かる人もいれば儲からない人もいるでしょう。それらの理由についてしっかりと解説します。

 

Webライターとしての実績が少ないと仕事量でカバーする必要がある

Webライターは決して最初から高級取りなわけではありません。

Twitterなどにいると、月収50万や100万などの人と自然に触れ合えてしまうため「儲かるんだ!」と思いがちです。

しかし現実的に、彼らには実績がありますし、努力やあなたにない専門知識があるに決まっています。

最初は実績も少なく、専門性なども方針が決まっていないので、数をこなすことでしかお金を得る手段はありません。

つまり「現実と理想が乖離していること」がきついと思われる原因になっているのです。

いきなり仕事が貰えるというのも理想ですし、意外と作業量と見合わないのもきついと言われるひとつの要因でしょう。

 

Webライターの業界はすべての人が一概に儲からないわけではない

「じゃあ、Webライターで儲かっている人ってなに?」

答えは単純で、単価が高い仕事をしっかりと取れるだけの知識と経験、あるいは信頼がある。ということです。

儲からないわけではありません。まずWebライターの業界は単価が低いのもひとつの理由ですが、未経験者にはいきなり難しいでしょう。

ですが、経験を積むこと、学習することで、単価は上がりますし、どこまで真剣に仕事として取り組むかで話は変わるのです。

実績が認められればより高度な仕事をあてがわれることもありますし、ディレクターの道も開けます。

儲けるというのは、どんな仕事でも下積みが大切であるのです。

初月で数万、3ヶ月で数十万の道もあります。自分がどのように進みたいのかを考えることが大切です。

 

専門性を貫くか、オールマイティーな人材として成長するかで道は別れる

儲かるついでに、Webライターが儲けるためには「単価を上げること」がとても大切です。

1文字20円の人も世の中にはいて、未経験者でおちいりがちなのは、1文字0.5円などの低単価案件を続けてしまうことにあります。

「じゃあ20円の人はなにをしてるの?」

これは簡単で、専門的でこの人にしか書けないという知識を持っていることです。

しかし専門性というのは時に仕事がなくなることもありますし、将来にわたってやっていける保証はありません。

そのためにも、オールマイティーな人材として、多彩なジャンルを書けるように成長することがお金を得るひとつの道なのです。

専門性を貫いてもいいです。ですが、2本目の矢として複数ジャンルを書けるような人材として成長しておいて損はないでしょう。

 

Webライターとしての仕事の選び方って、どうすればいい?

eyecatch_blog-web-writer-work_05

Webライターとして、仕事を選ぶと決めたら、まずはどこから始めるべきか悩みますよね。

Twitterでよくライター募集のタグがありますが、単価が高い代わりに求められるレベルも上がります。

まずオススメしたいのはクラウドワークスやランサーズを利用することです。

その際の注意点を細かく書いていきますので、できるだけ参考にしつつお仕事選びをしてみてください。

 

Webライターの始まりはクラウドワークスやランサーズを利用することから

クラウドワークスやランサーズなどの企業をご存知でしょうか。

手数料は取られますが、安全な案件や、クライアントの評価がひとめでわかることなど、利点は多彩にあります。

個人的に契約をすることは、リスクを伴います。支払いがないことや音信不通になってしまうことなど、よくある話です。

また、何度か述べているように、実績を作るためには企業を利用することが大切でしょう。

安全な取引を繰り返す中で、ライティング力が付きますし、次の仕事へのモチベーションになります。

無料で登録できることなども利点のひとつです。未経験者の最初の道はこの2つのうちのどちらかを利用するのがオススメです。

 

仕事選びで大事なのはクライアントの評価が良いこと

Amazonで商品を買う時に、評価を見ることがよくあると思います。

商品を選ぶ時に評価を見ることは欠かせません。不良品が多い出品者から物を買うなんて考えられませんよね。

仕事選びも同じです。クライアント様の評価が極端に低いなど、普通に取引をしていれば満点の評価を得られるでしょう。

しかしクライアント様の中には評価が4.5を下回ることなど、なにかよくない評価を受けている人がいるのも事実です。

火のないところに煙はたちません。未経験者にとっては安全な道は満点の評価を受けている人、かつ10件以上の実績がある人です。

向こうがこちらをみている時、こちらも向こうを見る。これは真理なのです。

 

Webライターは飛び込むことがなにより大事、たくさん応募しよう

Webライターにとって、飛び込むことはなにより大事です。というのも、良い案件には応募者が殺到します。

その中で未経験者が勝つと言うのはよほどたくさんの人を取りたいか、あなたが素晴らしい人材であるかです。

ということは競争に負けることが多々あると言えるでしょう。

競争には勝たねばなりません。そのためには、自分ができる分量の仕事に応募するしかないのです。

ものおじしてしまうと、仕事にありつけないまま、ひと月が過ぎてしまうこともあり得ます。

ちょっとした挑戦だと思って飛び込むことがWebライターとして必要な資質です。

時間に余裕があれば積極的に応募してしまいましょう。

 

Webライターに悩んでいるなら、いまがチャンス。この業界に飛び込もう

eyecatch_blog-web-writer-work_06未経験のWebライターの実際や、仕事の選び方についてお話ししてきました。

改めていいますが、Webライターは未経験者からでも大丈夫です。もちろん以下のことには気をつけなければいけません。

  • 難しい仕事からいきなり挑戦しないこと
  • クライアントの選び方には十分注意すること
  • 儲かるかどうかは方向性次第なこと
  • 腰を据えて仕事をするなら学習が必要なこと
  • ものおじして挑戦しないこと

誰でも最初は未経験で仕事に挑戦することになるのです。

Webライターに興味があるということは、やってみる価値があります。

クラウドワークスも、ランサーズも登録は無料です。

まずは登録するところから始めることで、実績づくりに早く着手できますし、その分早くお金を稼ぐことができます。

Webライターの仕事に興味があるのでしたら、飛び込んでみることで道が開けるでしょう。

もやもやした感情を、書くことへの情熱に変えてみてください!

ライター検定などもありますので、登録することでライティング力を上げる手助けにもなります。

まずは一歩踏み出すところから始めてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる